社 名; 株式会社 クロスオーバーエージェント   Crossover Agent inc.

設 立; 2018年8月

代表者; 安藤 洋介

所在地; 〒135-0003 東京都江東区猿江2-12-12 

     都営新宿線 / 東京メトロ半蔵門線 住吉駅 B1出口より徒歩2分

電 話; 050-5218-8158

      ※お問い合わせ等のご連絡はお問い合わせフォームからお願い申し上げます。

事 業; 

 1.マーケティング、物流、人材採用・育成等に関するコンサルティング等経営支援業務

 2.家計費削減、副業及び起業等に関するコンサルティング等生活支援業務

 3.各種商品の販売及び通信販売業

 4.各種スクールの企画及び運営


【代表経歴】

 営業職歴25年以上、東証一部上場企業グループに約18年在籍

 ■外販営業(BPO)

  新規顧客獲得時歴代最高売上(7億円以上)案件受託・・・現在も破られていない。

  その他、年間12億円企業の担当、大手企業の受託等、実績多数。

 ■通販事業

  赤字の通販事業部署に異動し、担当初年度に1千万円以上のコストを削減削減する。

 ■その他、新規事業開発担当を歴任し、2018年6月 退職

 ■2018年8月、株式会社 クロスオーバーエージェント創業

 ■2018年12月、新事業として「サブスクリプションビジネス開設運営代行」を開始

MISSION 

 【マーケティング支援により全ての中小企業を黒字にする】


マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら

公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

 

ドイツの経営学者ピーター・ドラッカーの有名な言葉に

「マーケティングの理想は販売を不要にすること。マーケティングの目的は、顧客について十分に理解し

顧客に合った製品やサービスが自然に売れるようにすることなのだ」とあります。

また、「企業の目的は顧客創造である以上、企業の基本的な機能はマーケティングとイノベーションの2つしかなく

そのほかはすべてコストだ」とも語っています。


しかし、世の中に「マーケティング」の専門部署がある企業はどれくらいあるでしょうか?

特に中小企業はそこに人材を投入することなく、営業担当者がマーケティング風のこと行っていると思います。

結果は出ていますか?


弊社はそのような企業・営業担当者のサポートを行いたいという思いで設立致しました。

・全国に中小企業・小規模事業者は385万社存在します

・法人税の納付率は25.2%です(=黒字企業)

・平均利益率は1.8%です(1億円の売上で180万円の利益)

・日本の一人あたりGDPは世界200カ国中27位です(2000年は4位)

・予算の歳出は96.3兆円、税収は54兆円、国債発行費は37兆円です

・国債の残高は約1000兆円です

・日本の人口は毎年50万人減少し、2100年に5000万人になります


弊社は、貴社のマーケティング部門を代行し「人・モノ・金・情報」そのすべてをITを活用し

徹底支援することにより黒字化をサポート致します。

本気で売上を増加させたい経営者の皆様へ
新規事業を追加人員0人で立ち上げて売上を増加させませんか?


当社は、資金調達サポートや人材採用、育成、Web制作、集客、分析、解析など約60種類のサービスを展開しております。いずれもストック収益になる商材ばかりで、特に中小企業のIT改善につながるクラウドソリューションが人気です。


◆貴社クライアントへのアップセル・クロスセルにより

 CS(Customer Satisfaction=顧客満足度)が向上し本業商材の継続受注が可能です!


◆人員を増やすことなく売上が増加します!ストック型商材が多いので経営が安定します。


◆10割(ドアオープナー)商材の販売で営業マンのモチーベションが向上します!


99%を占める中小企業では、IT専任者がいないところがほとんどです。しかしながら、他社との競争を優位に進めるためにはITの導入が必須です。

全国約380万社の中小企業にIT化のお手伝いをし、企業の発展を手伝いストック収益を得る。クラウド上のサービスですので、手離れが良く、使い続ける限り、収益をもたらす商品群です。

今後も人材不足が懸念される中小企業を支えるのは間違いなくITです。